2011年11月26日

ubuntuのシステムバックアップの取り方

PuppyLinuxの場合、システムバックアップはpupsave.[2|3|4]fs(pupsave.2fs、pupsave.3fs、pupsave.4fs)、warysave.[2|3|4]fs(warysave.2fs、warysave.3fs、warysave.4fs)などの個人保存ファイルをバックアップするだけで完了です。

なにかあった場合、個人保存ファイルを戻すことで元の状態に戻せます。





ubuntuの場合、システムバックアップの取り方は少し面倒です。
いくつかやり方があるみたいので調べてみました。
1.tarでアーカイブを作る方法
2.Remastersysでリマスターする方法
3.Partimageを使う方法
4.Clonezillaを使う方法

ubuntuの場合OS自体をアップグレードする際に、事前にバックアップを取った方がよいのですが、そのバックアップの取り方がわかりやすく書いてない気がしますし、定番の方法もあるのかどうか。


例えば、11.04〜11.10へのアップグレードの場合、Ubuntu Japanese Wikiには以下のように書いてあります。
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Install/UpgradeOneiric?highlight=%28%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89%29

バックアップを事前にとれとは書いていませんが、アップグレードして不具合がでたという報告がフォーラムやら2chやらに出ていますのでバックアップは取得しておいた方がよさそうです。


ちなみに、バックアップについては実はこんな風なページが独立して設けてあります。
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Install/Backup?highlight=%28%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%29

なんか、不親切な気が・・・。
日々のデータバックアップとシステムバックアップがごっちゃだしなあ。アップグレード前にはデータ含めてシステム全体のバックアップを取りたくなるのにそういう方法をダイレクトに解説してほしい。

続きを読む
posted by かごめ at 11:38| Comment(0) | ubuntu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。