2015年03月02日

VMWare Playerのネットワーク構成

VMWare Player上のゲストOSでは、何もしなくてもNW接続がうまく行くこともありますし、さっぱり接続できないこともあります。

そこで、VMWare Playerのネットワーク構成について調べてみました。


NAT構成




VMWare Playerでは、デフォルトでNAT構成になるようです。
NAT構成は、ゲストOSからインターネット接続を行いたい、かつゲストOSを他のPCに公開したくない場合などに採用します。

NAT構成のイメージは以下です。
NAT構成2.png

【物理NICの設定】
設定項目設定内容備考
VMWare Bridge Protocol□(チェック無し)他のNICのチェックも全て外すこと


【VMNet8の設定】
設定項目設定内容備考
IPアドレスを自動的に取得する○(チェックなし)●チェック有でもよい
IPアドレス(I)192.168.XXX.1 
サブネットマスク(U)255.255.255.0 
デフォルトゲートウェイ(D)  
DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する○(チェックなし) 
優先DNSサーバー(P)  
代替DNSサーバー(A)  


【ゲストOSのNICの設定(CentOS7のGUIからの設定例)】
設定項目設定内容備考
アドレス(A)自動(DHCP) 
アドレス192.168.XXX.128デフォルトでは128〜254から割当
ネットマスク255.255.255.0 
ゲートウェイ192.168.XXX.2 
DNS 自動オン 
サーバー192.168.XXX.2 






ラベル:VMware Player
posted by かごめ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。