2012年07月01日

PuppyでVim7.3

ヨドバシカメラの書籍コーナーにたまたま行ったら、Software Design (ソフトウェア デザイン) 2012年 07月号が売ってました。VimとEmacsという記事だったのですが、VimとかEmacsを使いこなせたらかっこいいなと思ってしまったので、petファイルを作りました。

Software Design (ソフトウェア デザイン) 2012年 07月号 [雑誌] [雑誌] / 技術評論社 (刊)



Vim7.3本体



sfsとpetの2種類を用意しました。
vim-7.3.3282-i486_511.sfs
vim-7.3.3282-i486.pet



Vim7.3のドキュメントファイル



あんまり使わないような気がしたので、puppyらしく本体のpetファイルのサイズを小さくするため、ドキュメントは独立したpetとしました。必要な人はインストールしてください。
vim_DOC-7.3.3282-i486.pet


cmigemo



vim検索機能で、日本語の検索ってちょっと面倒って思う方いますか?
cmigemoを使うと、わざわざ日本語入力モードにしなくても、ローマ字入力で検索ができます。

このVim7.3はKaoriyaパッチを当てているので、cmigemoが使えるようになっています。
必要であればインストールしてみてください。

cmigemo-1.3e-i686.pet

※i686でコンパイルしてしまいました。




で、Vimの使い方は?



これから勉強していきます。・・・って、いつになったら使いこなせるようになるのやら・・


(Wary Puppy Linux 511-01j)




タグ:vim PET wary
posted by かごめ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Petファイル公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/278353701

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。