2010年12月11日

samba-3.3.7及びsamba-3.5.6のsfsファイル(Puppy Linux用)


Samba3のリリース計画



Samba3のリリース計画によると、9ヶ月ごとにメジャーリリースが行われることになっています。

次のメジャーリリースがでると前のメジャーリリースはメンテナンスモードになります。メンテナンスモードでは重大なバグとセキュリティ問題の修正のみが行われます。
さらに次のメジャーリリースが出るとセキュリティ修正モードになります。


【参考ページ】
Samba3 Release Planning
http://wiki.samba.org/index.php/Samba3_Release_Planning


2010年12月11日現在で最新のメジャーリリースはSamba3.5です。
Samba3.4はメンテナンスモード、samba3.3はセキュリティフィックスモードです。


そういうわけで、以前の記事で紹介したsfsファイルはバージョンが古くサポート切れのため新しいバージョンのsfsファイルを公開します。
Samba3.5.6及びSamba3.3.7ダウンロードは...

sfsファイルのダウンロード



セキュリティフィックスモードであるsamba-3.3.7のsfsファイルと、
カレントシリーズのsamba-3.5.6のsfsファイルを公開します。

sfsファイルの形式はsfs4ですので、PuppyLinux4.2以前では使えないと思います。



samba-3.3.7-i486-sfs4.sfs
http://www.megaupload.com/?d=4JAA78JF

samba-3.5.6-i486-sfs4.sfs
http://www.megaupload.com/?d=UZ4QQKNE


また、samba-3.5.6用のドキュメントファイルをpetファイルで用意しました。
必要な方はお使いください。

samba_DOC-3.5.6-i486.pet
http://www.megaupload.com/?d=9G1VCXPW


使い方はPuppyでsambaサーバ構築(Windowsマシンとファイル共有)の記事を御覧ください。

バージョンが違っていても使い方は同じです。




(Puppy Linux 4.3.1日本語版)






ラベル:Puppy Linux samba SFS
posted by かごめ at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | samba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。