2010年10月20日

Windowsマシンとファイル共有(Pnethoodの利用)

複数台PCを持っていて家庭内LANを組んでいる人ならば、同じネットワークの他のPCとファイルを共有したい時があると思います。

Puppy LinuxからWindowsマシンの共有フォルダにアクセスする場合にはPnethoodというプログラムを使います。


メニューから「ネットワーク」→「Pnethood Samba共有」を選ぶとPnethoodが起動します。

1.起動すると自動的にネットワーク内のマシンを検索に行きます。
Pnethood1.png



2.マシンが見つかると以下のようなメッセージがでます。
Pnethood2.png



3.そのまま待っているとすべてのPCの検出が終わったところで以下のウインドウが出ます。
Pnethood3.png


自分が所属しているワークグループは/etc/smb.confで指定することができるようですが、ワークグループが違っていてもネットワーク上のマシンを検出してくれました。


検出されない場合は、端末から
# pnethood IPアドレスまたはホスト名

とすると検出されやすいそうです。



4.ユーザー名とパスワードを入力して接続ボタンを押します。
 接続に成功した後は、参照ボタンを押すと共有フォルダがROXFilerで開きます。

 共有フォルダは、/mnt/network/マシン名/共有フォルダ名にマウントされますので、
 端末からでもアクセスすることは可能です。




5.切断ボタンを押すと、共有フォルダがアンマウントされます。


こんな解説を読まなくても直感的にできますので、非常に便利です。







タグ:samba Pnethood
posted by かごめ at 21:05| Comment(5) | samba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。。。役立ち情報いろいろとありがとうございます。

WindowsXPが引退したら、古いノパソはPuppyLinuxで決まりですよね。。

fusesmbを入れなくても、Pnethoodがあったんですね。

ところで、Windows機、NASにアクセスするとファイル名が化けるのは、Puppyではどう対処するのでしたっけ。。。

ubuntuでは、smb.confに文字コードを記述してなおったのですが、。。。
Posted by aotako at 2011年12月04日 01:44
>>aotakoさん

はじめまして。puppyは軽快でなかなか気に入っています。


「Windows機、NASにアクセスするとファイル名が化ける」とのことですが、Windows機、NASの文字コードがutf-8でないからですね。

ubuntuでは文字コードを何に変更したのかわかりませんが、同じように/etc/smb.confの文字コードを変更してみてください。

それでだめならpnethood自体ではホスト側の文字コードを意識する機能はないので、/usr/local/apps/pnethood/func_mountの中身を編集する必要がありそうです。

31行目や37行目に「,iocharset=sjis」を追加すると文字化けは解消しそうです。(手元に環境がなくて確認できませんが。)



Posted by かごめ at 2011年12月06日 01:27
func_mountの中身31行目〜37行目までを以下にコピーしました。
「,iocharset=sjis」をどこに追加すれば文字化けが解消するのでしょうか?教えてください。
よろしくお願い致します。

31 mount-FULL -t cifs "//${IP}/${SHARE}" "${MOUNTPOINT}" -o "${SERVERNETBIOSNAME}$USER_PASS,iocharset=utf8" 2>>${TMP}log
32 else # default to mounting with smbmount if no cifs
33 if [ "$USECIFS" = "true" ]; then
34 export MAIN_DIALOG="<window title=\"Pnethood Error\" icon-name=\"gtk-network\"><vbox><text wrap=\"true\"><label>Unable to connect to share using Common Internet Filesystem (CIFS). You probably don't have the cifs module installed. Share will be mounted using the smb protocol. Untick the box on the main window to avoid seeing this message again.</label></text><hbox homogeneous=\"true\"><pixmap icon_size=\"5\"><input file stock=\"gtk-dialog-error\"></input></pixmap><button ok></button></hbox></vbox></window>"
35 gtkdialog3 --program=MAIN_DIALOG --center
36 fi
37 smbmount "//${IP}/${SHARE}" "${MOUNTPOINT}" -o "$USER_PASS" 2>>${TMP}log >>/dev/null # redirecting stdout needed to lose init_iconv encoding conversion error messages
Posted by 曽我和男 at 2012年04月03日 17:42
>>曽我和男さん


以下のようにしてみてはいかがでしょうか。

31 mount-FULL -t cifs "//${IP}/${SHARE}" "${MOUNTPOINT}" -o "${SERVERNETBIOSNAME}$USER_PASS,iocharset=sjis" 2>>${TMP}log


37 smbmount "//${IP}/${SHARE}" "${MOUNTPOINT}" -o "$USER_PASS,iocharset=sjis" 2>>${TMP}log >>/dev/null
Posted by かごめ at 2012年05月14日 23:26
長い間使ってなくて、毎回忘れてこちらにお世話になってます。^^;
ありがとうございます。
Posted by 四葉野玄馬 at 2016年06月21日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。