2010年09月27日

PLoP Boot Managerを使ってUSBブート

Puppy Linuxは軽量Linuxなので古いPCで使うこともあるが、古いPCの場合USBメモリからブートできないことも多い。

以前の記事ではCDを使う方法を紹介したが、WindowsのブートメニューからPLoP Boot Managerを起動する方法を紹介する。

参考記事
USBメモリブート非対応のPCでUSBメモリからブートする





事前準備



1.boot.iniのバックアップ
この作業ではWindowsのboot.iniを編集する。間違えるとWindowsが起動しなくなる恐れもあるので、バックアップを取ろう。

C:\boot.iniをどこかにコピーすること。

2.Puppy LinuxのLiveCDの準備
Windowsが起動しなくなった場合に備えてPuppyLinuxのLiveCDを作っておこう。

3.CドライブがNTFS圧縮されてないかどうか確認しましょう。NTFS圧縮されているとこの先つまづくことがあるらしい。


必要ファイルのダウンロード



Windowsで作業をする。
以下のサイトから、plpbt-5.0.10.zipとplpgenbtldr-0.7.zipをダウンロードする。
http://www.plop.at/en/bootmanagerdl.html


以下のサイトからcontigをダウンロードする。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb897428(en-us).aspx
contigはファイルを指定してデフラグするツールである。



Plop Boot Managerのインストール



1.Cドライブにc:\plopのディレクトリを作成する。
 ※ディレクトリ名は好きなものをつけて構わない。

2.先程ダウンロードしたファイルを解凍し、その中のplpbt.binとplpgenbtldr.exeをc:\plopディレクトリにコピーする。

3.先程ダウンロードしたcontig.zipを解凍し、contig.exeをc:\plopディレクトリにコピーする。

4.administratorの権限でコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行する。
> cd c:\plop
> plpgenbtldr

plpgenbtldrはカレントディレクトリにあるplpbt.binを探してplpbtldr.binを作成するツールである。


もし、plpbt.binのファイルが断片化している場合はうまく動かないので、以下のようにcontigを使ってデフラグをしてから、plpgenbtldrを再度実行すること。(実行するときは管理者権限で実行すること。また、ドライブがNTFS圧縮されているとcontigに失敗するという報告がある。)
> contig plpbt.bin
> plpgenbtldr



boot.iniの編集



1.Windows 2000, XPの場合
 c:\boot.iniの一番下に以下の記述を追加する。
 
c:\plop\plpbtldr.bin="Plop Boot Manager"


2.Windows VISTAの場合
 administratorの権限でテキストエディタを開き、c:\boot.iniファイルを作成する。
 作成したファイルに以下の行を追加する。
 
[boot loader]
[operating systems]
c:\plop\plpbtldr.bin="Plop Boot Manager"


3.Windows 7の場合
 administratorの権限でコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行する。
 
bcdedit /create /d "Plop Boot Manager" /application bootsector


 このコマンドを実行して、{ }と一緒に表示される長い数字がidとなる。
 以下のコマンドの中のidをこの数字と置き換えて実行する。
 
bcdedit /set {id} device partition=C:
bcdedit /set {id} path \plop\plpbtldr.bin
bcdedit /displayorder {id} /addlast





これで、PCを起動するとWindowsを起動するかPLoP Boot Managerを起動するか選べるようになる。


ちなみにplpcfgbtを使うとplpbt.binを編集することができる。これを使えばPLoP Boot Managerのメニューを出さなくても直接USBデバイスから起動させたりすることができる。

このやり方はまた別の機会に。






posted by かごめ at 19:15| Comment(9) | TrackBack(0) | PLoP Boot Manager | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
度々すみませんが、赤い壁紙のサイズが大きい物はありませんか?
デスクトップパソコンを買ったのですがサイズが合わなくて困っております。
やり方だけでもお願いします。
Posted by タイピング練習中 at 2010年10月05日 22:38
>>タイピング練習中さん

サイズはどのくらいですか?
ちょっとくらいなら、ストレッチで表示したり、ペイントソフトでサイズを拡大するという手もありそうですが。
Posted by かごめ at 2010年10月09日 00:15
返事が遅れてすみません。
自分でサイズを調整してみましたが、画質が荒っぽくなってしまいました。
Posted by タイピング練習中 at 2010年10月15日 23:24
>>タイピング練習中さん
で、ディスプレイのサイズはどれくらいなんですか?
Posted by かごめ at 2010年10月16日 01:02
>>かごめさん
1920×1080です
Posted by タイピング練習中 at 2010年10月16日 08:05
{id}の,この数字ってどの数字ですかねぇ。ぼく、古いマシンで,usbブートしてみたくて。(笑)すいません。
Posted by どこかの店員 at 2010年11月03日 11:29
>>どこかの店員さん

古いマシンということですが、OSは何を使っていますか?
Winsows7でなければ、idとか気にしなくて大丈夫ですよ。
2000/XP、Vistaそれぞれのやり方のところを見てやってください。

windows7をお使いなら以下のコマンドを実行して出てくる数字です。
bcdedit /create /d "Plop Boot Manager" /application bootsector
Posted by かごめ at 2010年11月03日 12:34
xpです。ああ、すいません。
bcdedit /set {id} device partition=C:
bcdedit /set {id} path \plop\plpbtldr.bin
bcdedit /displayorder {id} /addlast
って書いてあったのは、windows7のことだったのですか。
ぼくの勘違いだったということですね。
勘違いしただけなのに、素早い対応をありがとうございます。
無事、usbbootすることができました。
ありがとうございます。


Posted by どこかの店員 at 2010年11月04日 17:40
>>どこかの店員さん

ご報告ありがとうございました。
無事USBブートができてなによりです。
Posted by かごめ at 2010年11月05日 01:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163933671

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。