2010年08月28日

Firefox3.6.6の日本語化

Lucid Puppy 5.1のブラウザ起動ダイアログでFirefoxを選択すると
Firefox3.6.6がインストールされました。

ただ、そのままだと英語版です。
せっかく日本語パッケージをいれているので、Firefoxも日本語化してみたいと思います。



  1. 日本語化のためのプラグイン(ja.xpi)をインストールする。
    Firefoxで以下のリンクをクリックするとインストールされます。
    http://releases.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/3.6.13/linux-i686/xpi/ja.xpi

  2. 設定画面を開く
    新しいタブを開いて、アドレスバーに「about:config」と入力します。
    「This might void your warranty!」という警告画面が表示されますが、問題ないのでそのまま「I'll be careful, I promise!」のボタンをクリックして先に進んでください。

  3. 「general.useragent.locale」の設定項目を見つける
    Filterというテキストボックスが上の方に表示されるので、
    そこにgeneral.useragent.localeと入力します。

  4. 「general.useragent.locale」の値を書き換える
    表示されたgeneral.useragent.localeの設定をダブルクリックして
    ダイアログを開き、ja-JPに変更します。

  5. Firefoxを再起動
    Firefoxを再起動すると設定が反映されて日本語化されます。


(バージョン:Lucid Puppy 5.1)





posted by かごめ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Lucid Puppy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。