2010年08月19日

USBメモリへインストール(Grub4Dosを使ったインストール)

Grub4Dosを使ってPuppyLinux4.3.1日本語版をUSBメモリへインストールします。


BUFFALO マイクロUSBメモリー ブラック 8GB RUF2-PS8G-BK


やり方は・・・1.USBメモリにPuppy431フォルダを作ります。

2.Puppy431フォルダの中にLiveCDの中身をすべてコピーします。

  • AUTORUN.INF
  • PUPPYJP.ICO
  • README.HTM
  • READMEJA.HTM
  • boot.catalog
  • grldr
  • initrd.gz
  • menu.lst
  • pup-431JP.sfs
  • splash.xpm
  • vmlinuz
  • zp431305.sfs


3.メニュー>システム>Grub4Dosブートローダの設定を実行します。
grub4dos-1.png

4.USBメモリのデバイス名を確認します。
 この図ではsdbがデバイス名です。
 grub4dos-2.png

5.Grub4Dosのインストール先を選択します。
 4で確認したsdbを選択してOKを押します。ここは絶対に間違えないようにしてください。普通にWindowsが起動しなくなります。
grub4dos-3.png

6.「検出されたOSのリスト」ダイアログが表示されます。
表示された中身を確認して問題がなければOKを押してください。
grub4dos-4.png

7.「Comfirmation」(スペルミス?)のダイアログが表示されます。
表示された中身をもう一回見て、インストール先がUSBデバイスであることを確認しましょう。
問題がなければOKを押します。
grub4dos-5.png

8.「Success」のダイアログが表示されたらOKを押してウィザードを終了します。
grub4dos-6.png

9.GPartedでUSBメモリにbootフラグを立てます。
 メニュー>システム>GParted パーティションの管理を選びます。
gparted-1.png

10.GpartedのダイアログでUSBメモリのデバイスを選びます。
gparted-2.png

11.以下の画面が表示されます。
 緑色で囲まれた部分を右クリックしてください。
gparted-3.png

12.ポップアップメニューの「フラグを編集」を選びます。
gparted-4.png

13.bootにチェックをつけた後、閉じるを押してください。
右上の×ボタンでGPartedを閉じてください。

これで、USBメモリへのインストールは完了です。



BIOSの設定を変更すればUSBメモリから起動できます。







posted by かごめ at 00:00| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
途中までは完璧なのですが、何回やっても12のフラグを編集が選択出来ないんですけど、
どうしたらいいのでしょう?
もしかしてUSBメモリが壊れてますかね?
Posted by タイピング練習中 at 2010年08月23日 03:15
>>タイピング練習中さん

USBメモリが壊れているってことはないと思います。

緑の枠の中を右クリックして、メニューを出して左クリックで「フラグを編集」を選択します。

どんなふうになるのですか?
Posted by かごめ at 2010年08月23日 22:38
11の画像にもある、緑の枠の中とパーティッションとファイルシステムの名前の欄に未使用のパーティッション(たしか)と書かれていて、
右クリックに関してはフラグを編集じたいが選択できないといった感じです。
ちなみにもう一つのUSBでやってみましたが同じ結果になったので、
USBが壊れているという事ではないみたいです。
Posted by タイピング練習中 at 2010年08月24日 03:42
>>タイピング練習中さん

GPartedを起動するときにデバイスとしてUSBメモリを選択していますか?

また、未使用のパーティッション以外はありませんか?
本当に未使用のパーティッションしかないのなら8までの手順が成功しないので、GRUB4DOSをインストールしたUSBメモリのデバイスが選択できていないのだと思います。
Posted by かごめ at 2010年08月24日 22:39
教えてください。
手順10で[OK]をして手順11に進むと、画面は同じですが緑色で囲まれているべき所が、「未割り当て」となっています。
下の「パーティション」・「ファイルシステム」共、未割り当てになっています。
多分、上の方と同じ状況だと思います。

説明での緑色で囲まれていなければならない部分をクリックすると、全体が点線で囲まれます。
ダブルクリックで「未割り当て の情報」ウィンドが出ますが何も出来ません。
右クリックで「新規」と「情報」以外は選択出来なくなっています。

「新規」をクリックしますと...
「/dev/sdb にパーティションテーブルを作成」のウィンドが開き、

-------------------------------------------------------------------
[警告:この作業は「ディスク /dev/sdb 上の全データを削除」します]
デフォルトでは MS-DOS形式のパーティションテーブルを作成します。

⇒詳細

作成ボタンを選ぶと、ディスク /dev/sdb 上の全てのデータを直ちに消去します

「キャンセル」 「作成」
--------------------------------------------------------------------
となります。

ここで「作成」を押しても何も変わりません。
デスクトップのsdbを開くと中身は入っています。

上記手順と見た目で違う所は、sdbに付いている○が緑色と言う事くらいです。

よろしくお願いします。
Posted by Puppy初心者 at 2010年11月02日 15:35
>>Puppy初心者さん

詳しいご報告ありがとうございます。
自分のところではそうならなかったので、調べてみて回答しますね。
Posted by かごめ at 2010年11月03日 12:22
>>Puppy初心者さん

私の持っているUSBメモリで試してみたのですが、そのような事象は再現しませんでした。
おそらくGPartedでUSBメモリが正しく認識できていないのだと思います。パーティションにbootフラグを立てれればいいので、代わりにfdiskコマンドを試してみてください。

ターミナルから
# fdisk /dev/sdb
でfdiskを起動し、a->1->pでBootフラグに*がついていることを確認し、wで変更を書き込んでfdiskを終了します。

これが成功すれば正しく起動すると思います。

Posted by かごめ at 2010年11月07日 01:56
「ターミナル」からとはどこにあるのですか?
Posted by メロン at 2011年03月19日 14:55
>>メロンさん

デスクトップの「端末」のアイコンをクリックして下さい。
Posted by かごめ at 2011年03月19日 15:56
なぜか、手順7でOKをクリックすると、不明なエラーとなり、インストールできません・・・・
手順6までは間違いはないと思います・・・・
Posted by puppy初めて at 2011年03月29日 22:58
>>puppy初めてさん

「不明なエラー」というダイアログが出て先に進まないということでしょうか?インストールしようとしているUSBメモリは普通のUSBメモリでしょうか?
Posted by かごめ at 2011年03月30日 07:13
パーティション変更ができずにfdiskもやってみましたができません。
もう少し詳しく教えてもらってよろしいでしょうか?
Posted by usa at 2012年07月14日 17:31
>>usaさん

どこができなかったのでしょうか?手順のどこでおかしくなったのかを教えてもらえると答えやすいです。

fdiskの手順を簡単に書いてみます。

USBメモリのデバイス名がsdb1だとすると、
端末から以下のように使います。
-------------
# fdisk /dev/sdb1
The number of cylinders for this disk is set to 6394.
There is nothing wrong with that, but this is larger than 1024,
and could in certain setups cause problems with:
1) software that runs at boot time (e.g., old versions of LILO)
2) booting and partitioning software from other OSs
(e.g., DOS FDISK, OS/2 FDISK)

Command (m for help): a
Partition number (1-4): 1

Command (m for help): p

Disk /dev/sdb: 3929 MB, 3929014272 bytes
80 heads, 15 sectors/track, 6394 cylinders
Units = cylinders of 1200 * 512 = 614400 bytes
Disk identifier: 0x000d1045

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdb1 * 7 6395 3832832 b W95 FAT32

Command (m for help): w
-----------

a→1→p→wのように入力していきます。

パーティションテーブルをいじる作業なので、注意して実行してください。


うまくいくといいですね。

Posted by かごめ at 2012年07月16日 11:16
Grub4Dosの使い方がいまいちわかりません。

何かインストールするならサイト含め教えてください。

お願いします<(_ _)>
Posted by konbu at 2012年10月21日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。