2010年03月26日

USBメモリブート非対応のPCでUSBメモリからブートする

USBメモリからのブートに非対応のPCでも、USBメモリからのブートを行う方法があります。
PLoP Boot Managerというソフトを使う方法を紹介します。



ダウンロード




PLoP Boot Managerはここからダウンロードしてください。
http://www.plop.at/en/bootmanagerdl.html


2010/3/26時点での最新版はplpbt-5.0.8.zipのようです。






起動方式




PLoP Boot Managerを使ったUSBメモリブートにはいくつか方式があります。

1.CD-Rから起動してUSBメモリブート
2.フロッピーディスクから起動してUSBメモリブート
3.ハードディスクにPLoP Boot ManagerをインストールしてUSBメモリブート


3のハードディスクにインストールする方式は、失敗するとWindowsが起動しなくなる可能性もあるためお勧めしません。

そうすると、1のCD-Rか2のフロッピーディスクを使う方法を選ぶことになりますが、お手軽ですので、PCがCD-Rからのブートに対応しているのならば1のCD-Rから起動する方法をお勧めします。





起動用CD-Rを作る





ダウンロードしたファイルを解凍して、その中のplpbt.isoというファイルをCD-Rに焼きます。


成功していれば、CD-Rの中にはboot、[BOOT]、licence.txt、liesmich.txt、readme.txtといったファイルができているはずです。



CD-Rの中にplpbt.isoというファイルがある場合は失敗ですのでやり直してください。

isoファイルのCD-Rへの焼き方が分からない方は以下の記事を参考にしてください。
http://puppylinux.seesaa.net/article/141256026.html




起動用CD-Rの使い方





起動用CD-Rができたら、PCのBIOSの設定を変更し、CD-ROMドライブからの起動を優先にします。

起動用CD-Rをドライブに入れ、起動用のOSが入ったUSBメモリをPCにさしてPCの電源を入れてください。


起動用CD-Rからの起動に成功していれば、以下のような画面が表示されるはずです。
PLOPBootManager.png

※細かい表示内容は使っているPCによって異なります。


カーソルキーでUSBを選んでENTERキーを押すか、キーボードの「u」キーを押します。


すると、USBメモリからの起動ができます。







posted by かごめ at 00:33| Comment(17) | PLoP Boot Manager | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事とは全く関係ないのですが・・・

赤い壁紙ってどんなふうに作ったんですか?


自分でもあんな感じのを、自分で作ってみたいんですが、
あれもGIMPを使うのですか?

返答、お願いします!
Posted by falcon.T at 2010年03月26日 16:16
  CDーRにいれて起動できたら、次回からのUSBブートにわ
  必要ないのですか?
Posted by さいふ at 2010年03月26日 18:58
>>falcon.Tさん
人それぞれ、好きなグラフィックソフトを使えばいいと思います。
私はPaintoShopPro7を使っています。有料ソフトですが。
Posted by かごめ at 2010年03月26日 21:38
>>さいふさん
毎回、必要です。

好みがあると思いますが、CDを抜けば今まで通りWindowsが起動し、CDを入れて起動すればUSBメモリブートもできるというのが魅力だと思います。
Posted by かごめ at 2010年03月26日 21:54
   そっちのほうが僕にとっていかもしれませんね!
   できなかったんで・・・
   本当にいろいろ助けていただいてありがとうございます。
   今後ともわからないことがあったら教えてください。
Posted by さいふ at 2010年03月26日 22:04
   そっちのほうが僕にとっていかもしれませんね!
   できなかったんで・・・
   本当にいろいろ助けていただいてありがとうございます。
  
Posted by さいふ at 2010年03月26日 22:05
>>さいふさん
納得できるやり方が見つかってよかったですね。Linuxの世界は奥が深いのでいろいろがんばってください。
Posted by かごめ at 2010年03月26日 22:26
 はい!
 これからもよろしくおねがいします。
Posted by さいふ at 2010年03月27日 09:41
パソコン2台のうち、完全にusbブート不可能なほうは
緑色の字のやつが出てちゃんと起動できましたが、
usbブートできるかもしれないやつは、赤いやつがでました。
赤いやつでは起動できませんでした。
赤いやつは、一体なぜ起動できなかったんでしょう?
Posted by redeagle at 2010年03月29日 17:43
>>redeagleさん
「赤いやつ」ってなんですか?
Posted by かごめ at 2010年03月29日 22:47
文字は黒で文字の背景が赤でした。
それで、たしかbooting kernelってところでとまりました。
Posted by redeagle at 2010年03月29日 23:46
僕のは、成功しました!が調べたところ、Puppylinuix以外では(Ubuntuとか)ブースト出来ませんでした。 なぜ、Ubuntuなどではブーストできないんですか?教えてください? (まあ、自分で調べてみますが)
Posted by mt6636 at 2010年03月30日 17:21
>mt6636さん
ブーストではなくブート(boot)ですよ。
Posted by redeagle at 2010年03月30日 19:48
>>redeagleさん
カーネルが対応していないのかな?
そうなると違うベースのPuppyLinuxを使うしかないですね。
本家のPuppyではstd版とかretro版とかありますが、それしか対応できないのかなと思います。
Posted by かごめ at 2010年03月31日 00:46
>>mt6636さん
PuppyLinux以外ではUSBへのインストールが失敗しているのではないですか?
Posted by かごめ at 2010年03月31日 00:50
(参考) USB ブート on USB HDD/SSD/Memory for Windows7 / WindowsPE etc.

The making of the integrated ISO file / bootable CD/DVD/BD
http://hp.vector.co.jp/authors/VA053879/bootcd.htm

The making of 2048[sct] aligned / 2^n[GB] normalized partitions
http://hp.vector.co.jp/authors/VA053879/mkpart.htm

The making of USB bootable system for Windows 7 (OEM_SLP) / PE3.x
http://hp.vector.co.jp/authors/VA053879/usbboot.htm
Posted by VA053879 at 2014年11月02日 10:26
USBブート関連リンク:

USBブート Windows系システム用 - Windows板 [転載禁止]2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/win/1416409524/


Windows7をUSBブート可能にする方法(dddi.bat+UsbBootWatcher)
http://freesoft.tvbok.com/tips/usb_boot/windows7_dddibat.html

Windows8をUSBブートできる新機能Windows To Goが面白い!Enterprise版のみの提供なんて勿体無い!
http://freesoft.tvbok.com/win8/windows-to-go.html
Posted by USB Boot Agent at 2015年03月07日 11:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。