2009年08月16日

ある英国人男性が始めた禁煙方法とは…?



 イギリスで、毎日30本以上のたばこを吸っていたヘビースモーカーの男性が、大胆な方法で禁煙に取り組んでいる。

 その方法とは、無人島で1か月間、1人で過ごすというもの。ヘビースモーカーの元銀行員・スパイスさんは、禁煙のために一念発起、たばこが絶対に手に入らない無人島で過ごすことを決めたという。インターネットでイギリス西部の無人島を見つけ、1人でテント生活を始めた。

 スパイスさんは「私の目標は、ただ禁煙すること。これを実現して、日常生活に戻りたい」と話す。日がたつにつれ、禁煙できるという確信が強くなっているという。





かなり思いきったやり方ですね。元の生活に戻ったらそのままタバコを吸っちゃいそうに思うのは僕だけ?



さて、ここまでやるかどうかは置いといて、Puppy Linuxの壁紙を無人島にするくらいなら簡単にできます。




壁紙画像の設定方法






無人島の壁紙はお好きなものをご用意して頂ければよいと思います。
以下のようなサイトに無人島の壁紙がありました。



http://www.wall-c.com/modules/myalbum/photo.php?lid=470
http://www.kabegamilink.com/act/0706/03528x.html
http://www.wallpaper-village.com/myalbum+photo.lid+376.htm
http://www.yunphoto.net/jp/photobase/yp2056.html
http://www.wallpaperlink.com/bin/0712/04280.html






壁紙用の画像ファイルは以下のディレクトリに置いておくのがよいようです。
/usr/share/backgrounds


もちろん、他の場所でも構いません。





壁紙用の画像が用意できたら、「スタート」→「デスクトップ」→「JWMの設定」でJWM設定マネージャを開きます。デスクトップタブでデスクトップ背景をクリックして好きな画像を壁紙に設定してください。




これで、無人島で禁煙気分を味わえる・・・


ダメか。


(バージョン:Puppy Linux 4.20p1-JP)








posted by かごめ at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。