2015年09月06日

一時的に環境変数を設定してプログラムを起動するJScript

様々な理由から、システム環境変数やユーザー環境変数をいじりたくない場合に以下のスクリプトを利用。

var path2add = "C:\\tools\\src\\;.;";
var PgmName = "program.exe";
var args = "";

//環境変数へアクセスする
var wsh = new ActiveXObject("WScript.Shell");
var env = wsh.Environment('PROCESS'); //プロセス環境変数
//現在のプロセスにのみ適用される環境変数。
//Process環境変数は、コマンド・プロンプトが終了するなど、現在のプロセスが終了すると、変更内容が元に戻る。

//環境変数の読み込み
//PATH読み込み
var path = env.item("PATH");

//環境変数の書き込み
//PATH設定
if ( path.indexOf(path2add)) {
env.item("PATH") = path2add + path;
}

// コマンドライン引数を args にまとめる
for(var i=0;i0) ? "\"" + WScript.Arguments(i) + "\"" : WScript.Arguments(i) );
}

// コマンドを実行
fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
scriptDir = fso.GetParentFolderName(WScript.ScriptFullName); // スクリプトがあるディレクトリ
PgmPath = scriptDir + "\\" + PgmName; // pgm のフルパス

wshShell.Exec("\"" + PgmPath + "\"" + args );


ラベル:Windows JScript
posted by かごめ at 23:26| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。