2015年09月06日

一時的に環境変数を設定してプログラムを起動するJScript

様々な理由から、システム環境変数やユーザー環境変数をいじりたくない場合に以下のスクリプトを利用。

var path2add = "C:\\tools\\src\\;.;";
var PgmName = "program.exe";
var args = "";

//環境変数へアクセスする
var wsh = new ActiveXObject("WScript.Shell");
var env = wsh.Environment('PROCESS'); //プロセス環境変数
//現在のプロセスにのみ適用される環境変数。
//Process環境変数は、コマンド・プロンプトが終了するなど、現在のプロセスが終了すると、変更内容が元に戻る。

//環境変数の読み込み
//PATH読み込み
var path = env.item("PATH");

//環境変数の書き込み
//PATH設定
if ( path.indexOf(path2add)) {
env.item("PATH") = path2add + path;
}

// コマンドライン引数を args にまとめる
for(var i=0;i0) ? "\"" + WScript.Arguments(i) + "\"" : WScript.Arguments(i) );
}

// コマンドを実行
fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
scriptDir = fso.GetParentFolderName(WScript.ScriptFullName); // スクリプトがあるディレクトリ
PgmPath = scriptDir + "\\" + PgmName; // pgm のフルパス

wshShell.Exec("\"" + PgmPath + "\"" + args );


タグ:Windows JScript
posted by かごめ at 23:26| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

VMWare Playerのネットワーク構成

VMWare Player上のゲストOSでは、何もしなくてもNW接続がうまく行くこともありますし、さっぱり接続できないこともあります。

そこで、VMWare Playerのネットワーク構成について調べてみました。


NAT構成




VMWare Playerでは、デフォルトでNAT構成になるようです。
NAT構成は、ゲストOSからインターネット接続を行いたい、かつゲストOSを他のPCに公開したくない場合などに採用します。

NAT構成のイメージは以下です。
NAT構成2.png

【物理NICの設定】
設定項目設定内容備考
VMWare Bridge Protocol□(チェック無し)他のNICのチェックも全て外すこと


【VMNet8の設定】
設定項目設定内容備考
IPアドレスを自動的に取得する○(チェックなし)●チェック有でもよい
IPアドレス(I)192.168.XXX.1 
サブネットマスク(U)255.255.255.0 
デフォルトゲートウェイ(D)  
DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する○(チェックなし) 
優先DNSサーバー(P)  
代替DNSサーバー(A)  


【ゲストOSのNICの設定(CentOS7のGUIからの設定例)】
設定項目設定内容備考
アドレス(A)自動(DHCP) 
アドレス192.168.XXX.128デフォルトでは128〜254から割当
ネットマスク255.255.255.0 
ゲートウェイ192.168.XXX.2 
DNS 自動オン 
サーバー192.168.XXX.2 






タグ:VMware Player
posted by かごめ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

Raspberry Piが気になったので、Windows上の仮想環境でRaspbianを動かしてみた

Raspberry Piが流行り出してからずっと気になっていました。
消費電力が少ないので、家庭内サーバとして使えそうだなと思っていました。
asterriskとかADサーバとか動かしてみるのにいいのかなと。

ただ、いきなりRaspberry Piを買うのもなんなので、まずはWindows上の仮想環境でRaspbianを動かしてみました。

使用するのはQEMU。

全体的な流れは以下の2つのサイトを参考にしました。
http://xecdesign.com/qemu-emulating-raspberry-pi-the-easy-way/
http://junkato.jp/ja/blog/2014/12/31/raspberry-pi-raspbian-on-windows-qemu/

一旦、環境が動いた後、ディスクサイズを拡張するのは以下のサイトを参考にしました。
https://blog.ymyzk.com/2013/12/raspbian-image-resize/

使用したバージョンは以下。
qemu-w64-setup-20150226.exe
2015-02-16-raspbian-wheezy.img

RaspberryPiデスクトップ画面
posted by かごめ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

CSRとSSL証明書

SSL証明書を認証局に発行してもらうときには、以下のような流れとなります。


  1. CSRの発行

  2. 認証局でのSSL証明書の発行

  3. SSL証明書をサーバにインストール



1で発行されたCSRファイルの中身の確認方法と、2で発行されたSSL証明書の中身の確認方法についてまとめてみました。


続きを読む
posted by かごめ at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

Windows VistaでAdministratorのアカウントの有効/無効を変更する方法

Windows VistaでAdministratorのアカウントの有効/無効を変更する方法です。


変更する機会は多くないと思います。だいぶ前にVMWare Serverをインストールするときに有効化したのですが、VMWare Serverをアンインストールにともなって不要になったので無効化しました。
その時の手順の備忘録です。


なお、Administratorのアカウントの有効になっていると、「ようこそ画面」でAdministratorを選んでログオンすることができるようになります。無効になっていると、ログオンすることはできません。

続きを読む
posted by かごめ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。